不用品リユースセンター

依頼内容:2tトラックセール

山陽小野田市で遺品整理を行いました

Before

After

Before

After

弊社コメント

山口県山陽小野田市のA様宅にて、遺品整理のご依頼をいただきました。山陽小野田市の不用品回収作業のお手伝いの様子をご紹介させていただきます。弊社ホームページをご覧いただきお電話にてお問い合わせをいただきました。

年末の大掃除の際の不用品のため年内の作業を希望されていました。そのためお問い合わせいただいた当日に作業にお伺いさせていただきました。お電話でお伺いした不用品と少し違う品目も増えていたためお伺いしてまず再度お見積りして金額にご納得いただき作業を始めさせていただきました。

エレベーター付きの建物での作業のためエレベーターを使用させていただき搬出作業を行いました。スタッフ二名でお伺いさせていただき30分程で作業は完了致しました。お問い合わせから作業に伺うまでの対応の速さをお褒め頂き感謝致します。I様今回は不用品回収作業のご依頼誠にありがとうございました。

 

山口県対応エリア

山口県下関市 山口県山口市 山口県宇部市 山口県周南市 山口県 萩市 山口県美祢市 山口県山陽 山口県小野田市 山口県防府市 山口県長門市 山口県下松市 山口県岩国市 山口県光市 山口県柳井市 山口県平尾町 山口県上関町 山口県田布施町 山口県阿武町 山口県和木町

【山陽小野田市での詳細エリアはこちらとなります】

あさひが丘 上の台 大須恵 奥若山 小野山 亀の甲 刈屋上条 刈屋中村 刈屋西条 北若山 木戸大鼻 木戸新町 木戸中の町 桜が丘 笹尾西 笹尾東 須恵西 須恵東 田の尻 旦西 旦東 夏目 西が迫 野来見 望見ケ丘 波瀬の崎 浜河内 東住吉町 松角 松浜 松浜団地 南中川町 南松浜 南若山 目出 目出湖畔町 目出幸町 目出新町 目出文化町 目出緑町 本山団地 本山町 港町 湯布田

不用品回収サービス

戸建て一軒家マンション団地
ゴミ屋敷団地倉庫空き家

どんなタイプの住居でも即日回収へお伺いいたします。仕分け・解体・搬出等もスタッフが全て作業いたしますので、ゴミの分別等も不要です。お客様はそのままの状態で弊社フリーダイヤルまでお電話ください.

お電話はこちら:  0120-530-554

遺品整理サービス

弊社では初めて遺品整理をご依頼する方にも安心頂けるよう、遺品整理専門スタッフが訪問し、単に家財をゴミとして処分するのではなく、故人やご遺族の思ひ入れの強いお品を「必要なもの」と「不要なもの」に丁寧に仕分けを行い、適性に処理していきます。心理的にも肉体的にもご負担の思い遺品整理を私たちが少しでもお役に立てるよう、きちんと作業工程をご説明させていただきながら遺品整理を進めて参ります。

サービス詳細はこちら

 

山陽小野田市で遺品整理を検討している方へ

家族や親族が亡くなった後に故人の遺品整理を行う方が多くいます。

元々物が多く片付けるきっかけがない方が大きな片づけをするきっかけでもあります。

遺品整理は何度も経験することではないので何から手をつけていけばいいかわからないという方がほとんどです。

いつかは、やらないといけない「遺品整理」どのようにして遺品整理を行うことができるかを解説していきます。

遺品整理は自分たちで行うか業者に依頼するかの2通りある

遺品整理と言っても人によって処分の量が様々ですので自分に合った方法で考えてみましょう

自分たちで行う場合

自分たちで行う場合でもメリットとデメリットがあります。

一番のメリットとしては費用が安く抑えられるというところです。

逆にデメリットは費用がかかるという他にも思わぬところにもあります。

デメリット1

親族とのトラブル

親族などで遺産などの相続人が複数いる場合は一人で遺品整理を行うと、貴重品などの金品の配分を巡ってトラブルになる事もございます。

遺品整理については、自分だけで判断せずに、相続人全員で行うことが無難でしょう。

デメリット2

粗大ゴミで捨てられない物がある

市のゴミ袋に入れて、決められた曜日にゴミに出すことができるゴミもありますが特に問題があるのは大型の家具や家電ではないでしょうか。

行政では処分ができない物もあり、処分が大変な物がございます。

■行政の施設では処分できない物■

・車,バイク,タイヤ,LPガスボンベ,ピアノ,バッテリー,消火器,中身が入った灯油缶や塗料,廃油,農薬,トナーなど

・家電リサイクル法対象の家電製品
(エアコン,テレビ(ブラウン管・液晶式・プラズマ式),冷蔵庫,冷凍庫,洗濯機,衣類乾燥機)

・パソコン(本体,ディスプレイ等))

■粗大ゴミとして回収できない物■

金庫 マッサージチェア タイヤ 折りたたみベッド 介護ベッド 回転椅子 コピー機 電子レンジ オーブンレンジ タンス(一部限り) ベンチ 健康器具 ランニングマシーン ルームランナー スピーカー

上記以外で行政で処分ができる物でも、自分たちで行政の指定の場所へ決まった曜日などに運ばないといけません。

遺品整理の業者に依頼する場合

自分たちで処分を行うと、人手や手間も多くストレスからちょっとしたケンカなどのトラブルが起きてしまうという事も聞きます。

このように自分たちで行うのは大変なので、自分たちで片付けられる自信がない人は不用品回収や遺品整理をしている業者に依頼することをお勧めします。

仕分けから、運び出し、回収まですべて業者のスタッフが行ってくれますので非常に楽です。

不用品リユースセンターでは無料で見積もりを行なっておりますので、遺品整理や生前整理を検討している方から多くの依頼をいただいております。

他にも買取も行なっておりますのでまだ使えるものなどがございましたら、査定させていただきお客様の負担を少しでも減らせるように努力しています。

それでも自分で遺品整理を行う時は?

自分で遺品整理する時は何を準備すると良いのでしょうか。

そんな疑問を解消していきます。

準備する物

  • 軍手
  • 汚れてもよい服
  • マスク
  • クロックスなどスリッパ
  • ゴミ袋
  • 段ボール
  • ガムテープ
  • ハサミやカッターナイフ

必要なものの準備ができましたらいつ遺品整理をするかを決めましょう。

手伝ってくれる人のスケジュールや地域のゴミ収集日などを調べておくといいかもしれません。

捨てるものと捨てないものを決める

遺品整理を行う時は捨てるものと捨てないものを先に決めておく必要があります。

不要なものはすべて捨ててしまっても問題ないですが、貴重品や資産価値のあるものは残しておく必要があります。

貴重品や資産価値のあるもの

  • 現金
  • 通帳
  • 印鑑
  • クレジットカード、キャッシュカード
  • 身分証明書(パスポートなど)
  • 有価証券
  • 土地の権利書
  • 契約書類など

上記のものは残しておく必要があるので、誤って捨ててしまわないように気をつけて先に分類しておきましょう。

他にも必要なものは様々あるかと思いますので必要なものは先にまとめて取っておいて、あとは全て捨てるだけという状況を作っておいた方が楽です。

不用品を処分する

捨てる物が決まったら不用品を処分しましょう。

燃えるゴミや燃えないゴミは地域の自治体で決められている集積場に持ち込んで処分しましょう。

まだ使えそうなものは、遺族で分けあったり近くのリサイクルショップへ持ち込んで買い取ってもらいましょう。

思いもよらない物が眠っているかもしれません。

自分たちで遺品整理が難しそうな時は?

量が多くて自分たちだけではできそうにない時や、自分たちでやってみたけど想像していたよりも大変だったという話も多く聞きます。

他にも家の売却などの様々な理由で急いで遺品整理を終わらせないといけない場合もあります。

そのような時は遺品整理の業者に依頼するという選択肢もございます。

無料で見積もりができます。

不用品リユースセンターでは無料で遺品整理や生前整理などの見積もりも行なっております。

買取も行なっておりますので、売れそうなものをリサイクルショップに持っていくという手間も省けるのでお客様の手間がかからずになるべく安く処分を行うことができます。

今まで多くの方からご依頼をいただいており、頼んで良かったという声をいただいております。

無料見積もりを有効に使わない手はない

見積もりだけでしたら料金はかからないので遺品整理を行いたい方は不用品リユースセンターにお問い合わせください。

他の業者よりも少しばかりお安く頑張らせていただいており、買取にも力を入れているのできっとお客様の為になることでしょう。

セールでの料金はこちら↓

【お早めのご予約の方へ】

※戸建て、マンション、団地、倉庫、空き家 遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷など、お家丸ごとの大量回収などのお問い合わせは、お早めにご連絡下さい。

遠方対応も可能です!

回収対応エリア