不用品リユースセンター

電子レンジの不用品回収、処分方法

あなたは使わなくなった電子レンジの処分方法をご存じですか?
新しく買い替えをする際に、古い電子レンジの処分が分からず困る人もいると思います。
使わなくなった電子レンジは、不燃ゴミや粗大ゴミ、買取や下取りに出す、売却するといった方法があります。処分方法が一つではないので、迷ってしまいますよね。
そこで今回は、電子レンジを賢く処分する方法をご紹介します。処分をする際の流れや費用についても、詳しく解説していきますよ。
ぜひ参考にしながら、あなたにピッタリの処分方法を探してくださいね。
  1. 電子レンジは小型家電リサイクル法の対象製品
  2. 電子レンジの処分方法5選
  3. 家電量販店などの買取・下取りを活用しよう
  4. 電子レンジを高く買い取ってもらうためのポイント
  5. まとめ

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象製品

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象製品です。
小型家電リサイクル法とは、家電製品に含まれる鉄やアルミ、レアメタルといった有用金属をリサイクルして再利用することを目的に作られた法律です。
2013年に施行され、対象製品は電子レンジの他にドライヤーやゲーム機、携帯端末などがあります。
小型家電リサイクル法は、回収方法が自治体によって異なります。不燃ゴミや粗大ゴミとして回収する自治体もあれば、回収ボックスを設置している自治体と対応がわかれます。処分方法がわからなければ、市町村や自治体のHPに解説してあります。ルールを守るためにも、必ず確認をしてから処分するようにしてくださいね。

電子レンジの処分方法5選

では、実際に電子レンジを処分する方法を見ていきましょう。
今回は5つの処分方法をご紹介しますよ。ご自身の状況と照らし合わせながら、最適な方法を選んでくださいね。

<自治体の不燃・粗大ゴミとして処分する>

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象製品なので、不燃ゴミや粗大ゴミとして処分することができます。ほとんどの自治体は粗大ゴミとして処分していますが、きちんと確認をしておきましょう。

◆不燃ごみとして処分する場合

電子レンジを不燃ゴミとして処分する場合、指定の不燃ゴミ袋に入れて回収日に収集場所へ出します。処分費用は不燃ゴミ袋代のみなので、安く処分ができますね。指定の不燃ゴミ袋に入りきらない場合は、粗大ゴミ扱いとなるのでもう少し処分費用がかかります。

◆粗大ゴミとして処分する場合

電子レンジを粗大ゴミとて処分する場合、粗大ゴミ受付センターへ連絡して処分日を予約します。
その後、処分費用分のゴミ処理券を購入し、電子レンジに貼付しておきます。回収日に指定の収集場所に出しておけば、業者の方が回収してくれます。粗大ゴミとして処分すると費用は数百円程度で済みます。不燃ゴミよりは手間もかかりますが、それでも安く処分はできますね。

<家電量販店に下取りに出す>

家電量販店では新しい電子レンジを購入する際に、古い電子レンジを下取りしてくれます。購入金額から下取金額分を値引きしてくれたりもしますよ。古い電子レンジや壊れている電子レンジも有料・無料で回収してくれることもあるので、店舗に確認するといいですね。下取り条件や対応は店舗によって異なるので、複数の店舗に確認しておくといいですよ。
新しい電子レンジを購入予定なら、購入時に下取り依頼もした方が、お得に処分ができるのでおすすめです。

<フリマサイトに出品する>

まだ使える電子レンジや人気メーカーのものなら、フリマサイトに出品すると高値で売ることもできます。買取サービスより高値がつくこともあるので、捨てる前に一度出品してみるのもいいですね。
ただし、すぐに売れるわけでも、必ず売れる訳でもないので注意が必要です。また、手続きなどの手間もかかるので、すぐに処分したい人には向いていませんね。

<リサイクルショップに買取依頼する>

まだ使用できる電子レンジなら、リサイクルショップで買取を依頼することもできます。
店舗に直接持ち込む方法と出張買取の2通りがあります。でも出張買取の場合、出張費用がかかることもあるので注意してください。
できるだけ高く買い取ってもらうためには、電子レンジを掃除しておくといいですよ。コードや説明書など付属品があるなら揃っている方が、高い査定額がつきやすいです。
しかし、5年以上前の型番だと買取自体を断られるケースも多いです。直接店舗に持ち込む前に、買取可能か確認しておきましょう。

<不用品回収業者に依頼する>

不用品業者なら連絡すると即日対応してくれる業者も多いので、手間がかからず便利です。しかし、電子レンジのみだと、回収費用が割高になることもあります。引っ越しや大掃除などで不用品が多い場合は、不用品回収業者に依頼する方がいいですね。不用品回収業者が自宅まで回収にきてくれるので助かりますよ。また、買取サービスも実施している店舗も多く、回収金額から値引きしてくれることもあります。

こんな悪徳業者には要注意

即日対応してくれるので大変便利な不用品回収業者ですが、なかには無許可の悪徳業者もいます。
無許可で回収をしているので、不法投棄などを行っている可能性もあります。家電製品の不法投棄は環境破壊や健康被害につながるので、大変危険な行為です。また、回収後に高額請求をされるトラブルも報告されています。不用品回収業者に依頼をする際は、信頼できる業者を選びましょう。

家電量販店 などの買取・下取りを活用しよう

大手の家電量販店では電子レンジの買取や下取りサービスをしています。
店舗によって対応が異なるので、条件などを比較しながら見ていきましょう。
あなたに最適な条件の店舗があれば、活用してみてくださいね。

<ヤマダ電機>

ヤマダ電機では、電子レンジの下取りや買取を実施しています。電源の入らない電子レンジでも10円で買取をしてくれることもありますよ。ただし、全ての電子レンジに対応している訳ではないので、条件を詳しく見ていきましょう。

◆買取の条件

・まだ使用できる電子レンジであること
・買取対象製造年が2014年製~2021年製
・電子レンジ本体に破損やサビなど汚れがないこと
・ターンテーブルや電源ケーブルなど付属品がそろっていること
・買取金額は最大で2,000円(税込)

◆注意事項

・訪問買取は実施していないので、店舗まで直接持ち込む必要がある
・買取の際は、身分証明書が必要である
また、ヤマダ電機では小物家電の回収も行っています。店舗に直接持ち込む方法と訪問回収を依頼する方法があります。直接持ち込む場合は、曜日を気にせずいつでも対応してくれます。訪問回収を依頼する場合は、別途訪問回収費用がかかるので店舗に確認をしてください。

◆小物家電の回収条件

・小型家電リサイクル法の対象製品であること
・電子レンジ単品は1,100円(税込)
・指定段ボールの一括回収は1,650円(税込)
<ビックカメラ>
ビックカメラでは新しく電子レンジを購入した際に、無料で古い電子レンジを下取りしてくれます。
ビックカメラで下取りしてくれる条件は以下の通りです。

◆下取りの条件

・購入商品と同一商品であること
・ネットショップで購入した物は対象外
・下取りする電子レンジは動作しなくもOK
ビックカメラでは店頭買取サービスも行っています。しかし、残念ながら電子レンジの店頭買取サービスは対象外となっています。
また、小型家電のリサイクルも行っているので、電子レンジをリサイクルすることもできます。
自宅から回収をしてくれるので店頭に持ち込まなくてOKです。規定サイズを越えなければ、どれだけ入れても一律料金で回収してくれるので大変便利ですよ。

◆小型家電リサイクルの条件

・利用券を購入し、申し込み手続きをする
・対象製品は電子レンジを含む400品目以上
・規定サイズ(3辺160cm・30kg以内)であれば、一箱1,958円(税込)

◆注意事項

・箱は自分で用意する
・個人宅のみ対応可能
年中無休で最短翌日回収をしてくれます。時間がない人や、すぐ処分したい人でも利用できますね。

<ヨドバシカメラ>

ヨドバシカメラでは小型家電のリサイクルを行っています。電子レンジの回収も対象なので、リサイクルに出して回収してもらいましょう。ヨドバシカメラのリサイクルは、故障や動かなくてもOKですよ。

◆小型家電の回収料金表

①100cm以下かつ10kg以下  550円(税込)
②150cm以下かつ20kg以下  1,100円(税込)
③240cm以下かつ30kg以下  2,200円(税込)
④340cm以下かつ50kg以下
⑤360cm以下かつ70kg以下  4,400円(税込)
小型家電の回収は3辺の合計サイズ・重量で決まります。電子レンジの場合だと、③に当てはまるので2,200円(税込)で回収できますよ。
小型家電のリサイクルは直接店頭に持ち込む方法と、回収訪問をしてもらう方法があります。回収のみの訪問だと、別途出張費2,200円(税込)が追加されるので注意してくださいね。商品をお届けした際に不用品の回収も行う場合は、出張費は追加されないので安心してください。

<ケーズデンキ>

ケーズデンキでは廃棄物削減や資源の有効活用のため、使用済みの家電リサイクルを推進しています。そのため、電子レンジも回収してもらえますよ。

◆リサイクル料金表

・特定品目     0円(無料)
・小型品目    550円(税込)
・中型品目   1,100円(税込)
・大型品目   2,200円(税込)
・超大型品目  4,400円(税込)
電子レンジは大型品目に該当するので、ケーズデンキで回収してもらう場合は費用が2,200円(税込)かかります。自宅訪問で電子レンジの回収を依頼する場合は、別途出張費が発生するので注意してくださいね。

<ノジマ>

ノジマでは新しい電子レンジを購入した場合にのみ、古い電子レンジの下取りを有料でしてくれます。

◆電子レンジ下取りの流れ

①商品購入時に下取りを選択
②下取り用の伝票が届いたら、梱包して伝票を貼る
③商品到着の際に、下取り製品を配送業者に渡す

◆電子レンジの下取り費用と注意点

・注文完了後に下取りのみを申し込む場合は、2,000円(税込)費用がかかる
・購入商品の到着後、2週間以内に下取り製品に伝票をつけて発送する
・製品を購入しないで下取りのみの対応はしていない

<エディオン>

エディオンでは小型家電のリサイクルを推進しています。そのため、電子レンジも有料で回収してくれます。

◆リサイクル料金表

・特定品目     0円(無料)
・小型家電    550円(税込)
・中型家電   1,100円(税込)
・大型家電   4,400円(税込)
・特殊家電   2,200円(税込)

◆小型家電リサイクルの条件

・縦・横・高さの合計が120cm以下かつ10kg以下
・取り外し工事が不要のもの
・一人で運べるサイズのもの
小型家電のリサイクルは全店舗で行っている訳ではなく、フランチャイズ店舗では実施していません。リサイクル対象店舗が知りたい時は、HPから店舗検索で確認をしてくださいね。
ご紹介した家電量販店以外にも、ネットショップや通販でも小型家電の下取りや買取、回収を行っています。最寄りの店舗など、いろいろ調べてみるといいですよ。

電子レンジを高く買い取ってもらうためのポイント

お使いの電子レンジを処分する際に、できれば費用を抑えて処分がしたいですよね。もし、買い取ってもらえるなら、処分費用もかからず現金がもらえるので嬉しいです。電子レンジを高く買い取ってもらうためには、ポイントがあります。

◆高額査定につながるポイント

・電子レンジの内部清掃
・コードやレシピ本などの付属品
・交渉力
電子レンジを査定する際に重視されるのが、外観と内部のキレイさです。外観は、当然キレイな状頼でないと買い手がつきません。また、電子レンジの内部も汚れや匂いがあると、査定額が落ちます。買取に出す前に、しっかりと内部清掃をしておきましょう。電子レンジには付属品も多いです。なるべく全て揃っている状態が望ましいです。最近ではレシピ本も一緒に付いているので、レシピ本も忘れないようにしましょうね。
交渉力も実は重要な役割をしています。お店側の言い値ではなく、売りたい金額やだいたいの相場を把握したうえで、しっかりと交渉を行いましょう。
電子レンジは需要が高く、多少の型落ちでも高額査定をしてもらえることも多いです。あなたが大切に使用してきた電子レンジで後悔しないためにも、交渉力は大事です。

 電子レンジの回収事例

主な回収品目電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫、コンロ
作業時間20分
ご利用エリア福岡県福岡市中央区
電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫、コンロの回収にご自宅まで回収に伺いました。
「重いものを回収してくれて、助かった。」とお喜びいただきました。

まとめ

電子レンジの処分方法について、ご紹介いたしました。
電子レンジは小型家電リサイクル法の対象製品です。処分をする際は、不燃ゴミや粗大ゴミで処分ができますが、リサイクルも大事です。
電子レンジ単品では割高になりますが、他の不用品と一緒に処分をするなら不用品リユースセンターにおまかせください。さまざまな不用品を回収いたします。また買取サービスもあり、プロがしっかりと査定いたします。電子レンジや不用品の処分でお困りなら、まずは不用品リユースセンターまでご相談くださいね。
お役立ちコラムTOP
合志市での遺品整理・遺品整理の…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
北九州市でゴミ屋敷の片付けを検…

北九州市は、2018年に日本新三大夜景都市に認定されました。 もともと環境をよくする取り組みが盛んな土地で、国から「環境未来都市」に...

お役立ちコラムTOP
宗像市の遺品整理・生前整理業者…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
福岡県豊前市 家具回収 家電回…

世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、福岡県豊前市の家具回収、家電回収を行わせていただきました。 豊前市では、市の委...

お役立ちコラムTOP
鹿児島のゴミ屋敷整理業者 不用…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、ゴミ屋敷の整理についてお話します。 ゴミ屋敷は処分する量が多くて自分では難し...

お役立ちコラムTOP
遺品整理や家電処分、家具回収の…

ご依頼のお客様方、いつもお世話になっています。 不用品リユースセンターです。 気になる料金相場について簡単ではありますが、ご説明を行...

遠方対応も可能です!

回収対応エリア