不用品リユースセンター

福津市での遺品整理・遺品整理の方法や処分方法を解説

遺品整理を行う際の流れ

遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。
一人で行うには量が多い場合がほとんどかと思いますので協力頂けそうな親族の方と遺品整理をする家を見ることによって、どのような物を残すか、どのくらいの時間がかかるかなどを把握できます。
遺品整理を行うときはいつまでに終わらせるかを決めておいた方が良いです。
手伝いをしてくれる人の人数や時間によってかわりますので無理のない計画を立てましょう。
準備するものも必要です。
最低でも下記のものは必ず必要になってくることでしょう。
  • ダンボール
  • ガムテープ
  • ハサミ
  • カッター
  • ペン(段ボールに何を入れたか書くため)
重いものを持てる人や持てない人もいるかと思いますので作業の分担も必要になります。
計画や役割分担を行わずに作業をすると時間が予定より長くかかることが多いのでしっかりと役割を決めて作業に取り掛かることが大切です。

遺品整理を行う際の注意点

賃貸物件の場合、部屋の中の物を整理するだけではなく他にも必要なことがあります。
入居時に設置してある照明器具やエアコンを取り外したり、インターネットなどの契約や、レンタルしている通信機器の返却や電気、ガス、水道の手続きなど、管理会社と確認しながら作業をしなければ、後々にトラブルになります。
廃棄する際の分別も各市町村で分別方法が異なる為、事前に市役所等にお問合せをして確認し、分別しながら遺品整理作業しないと、回収拒否される場合もあります。
近年では、デジタル遺品(故人が使っていたパソコンやスマートフォン)もありますので、中に大切なデータがあるかないか、インターネットで株などの資産を購入していないかなど確認した方が良いでしょう。
また、遺品整理の際は、お部屋の中の物だけでなく、車やバイクなども整理しなければいけないので、査定はもちろん、廃車の手続きもしなければなりません。

遺品整理を行う時期

遺品整理を行うのであれば、四十九日の法要が終わった後にされる方が多くいらっしゃいますが、賃貸の場合はお葬式が終わった後にすぐ取り掛かる方がほとんどです。
公営団地などの場合は、亡くなってから何日以内に退去しなければいけないなどの契約になっている事があります。
ただ気持ちの整理が行えない状態では、とても遺品整理は出来ませんのでご遺族の方が「遺品整理をしよう」と思った時に行うのがよいです。

事情がある方、相続の放棄をする方が注意するべきこと

遺品整理は、原則としては親族を中心に遺品整理を進めることになりますが、生活保護受給者や、病気などが理由で就業できない場合は、役所に相談しましょう。
生活保護の受給者が亡くなった場合は遺品整理も役所が補助してくれるだろうと考える方が多いですが、実は役所は何もしてくれません。
生活保護は受給者が亡くなった多=段階で終了してしまうためそれ以上、役所が世話をする理由がないのです。
相続に関しても注意が必要になります。
「生活保護受給者」の財産を相続する場合でも手続き自体は法律に則って手続きをすれば良いでしょう。
逆に、「生活保護受給者」が財産を相続する場合は、少し注意が必要です。
相続すること自体は可能ですが、その金額によっては、生活保護が打ち切られる可能性があります。
また相続放棄をしようと思っている方は、勝手に遺品整理を行なってしまうと相続放棄が認められなくなってしまう可能性があります。

遺品処分の注意点:空き家のままにするのはNG!

遺品を処分した後、住む人がいなくなり空き家になるケースも近年は増えていますが、空き家のままにするのはNGです。
空き家のままにしておくと、「不審者が侵入する」「ごみの不法投棄場所にされる」「建物の崩壊リスク」など様々なトラブル源になります。
いずれ住む予定があるのなら空き家管理サービスなどできちんと管理する、住む予定がないのならば賃貸として活用したり売却したりといった対策をとりましょう。

遺品整理を自分でするか業者に頼むかのメリット、デメリット

遺品整理は自分でする方法と業者に依頼する方法があります。
それぞれメリットとデメリットがありますので自分に合った方法を選びましょう。

遺品整理を自分でするメリット、デメリット

メリット
  • 自分で遺品整理を行えば、費用を抑えることができる
  • 有料粗大ごみ処理券の費用(自治体によって異なる)の料金程度で抑えられる
  • 清掃が必要な場合でもほうき、雑巾などの清掃費で済む
デメリット
遺品整理をしている方々の意見で最も多いのが精神的に辛い、大変で疲れるといった声です
  1. 遺産相続に関して遺族、親族同士で揉めるといったトラブル
  2. 時間と手間がかかる
  3. 人手を集める必要がある
  4. 遺品整理に来れる方と来れない方がいて揉める

遺品整理を業者に頼むメリット、デメリット

メリット
  • 遺品の仕分け作業を全て任せられるので、自分たちで行う作業を省くことができる
  • 貴重品の仕分けができるので遺族の方に確認を取りながら進めるので勝手な判断で、遺品をゴミとして処分される心配もない
  • 特殊清掃を行っている業者も多いので、親族が孤独死した場合でも家を綺麗にしてもらえる
  • 故人の財産に関わるもの(銀行の通帳、現金又はタンス預金など)探してもらうことができる
  • 業者によっては遺品の買取をしてもらえる
デメリット
  • 態度、口調が悪く、見積り金額よりも高い料金を請求、遺品を勝手に処分するなど、中には悪質な業者も存在する
  • 回収する遺品の量の多さ、部屋の広さ、マンションのエレベーター有無などによって数万~数十万と費用がかかる

自分で遺品整理・処分を行う手順

自分で遺品整理や処分を行う手順について紹介します。

①遺言書に従って形見分け

遺品整理を行う際はまず遺言書があるかどうかをチェックしましょう。
遺言書は遺品の処分だけでなく、相続に大きく関係する重要な書類であるためです。
遺言書を見つけたら、勝手に開封せず、家庭裁判所にて検認という手続きをとって確認をすると良いでしょう。
検認を終え、中身を確認したら、まずは遺言書の指示に従って形見分け及び遺品の整理、処分を行います。
遺言書には法的拘束力があるので、何よりも優先されることを覚えておきましょう。

②貴重品や重要な書類などがないかをチェック

遺品の中に貴重品や個人情報の入った書類などがないかを探します。
遺品の中で、以下のものが貴重品に該当します。
お金に関係するものなのでしっかりと確認する必要があります。
  • 現金
  • 通帳
  • 印鑑
  • クレジットカード
  • 有価証券(ネット証券含む)
  • 貴金属(宝石や骨董品、美術品)
  • 不動産関係の書類(土地の権利書など)
このほか、個人を特定するものとして、以下のようなものも見つけたら仕分けておきましょう。
  • パスポート
  • 免許証
  • 年金手帳
  • 健康保険証
貴重品や個人情報があるものの処分には法的手続きも必要なので、すべての整理が終わってから親族で話し合って処分を検討します。

③処分するもの・使えるものを分ける

貴重品を探したら、残りのものの処分を検討しましょう
ものによって処分方法が異なります。
リサイクル可能なものとしては以下のものがあります。
  • 冷蔵庫、テレビなど稼働する家電
  • 家具
  • 金属類(銅、アルミ、ステンレスなど)
  • 衣類
  • 紙類、布類、プラスチック類
リサイクル可能なものはまず形見分けでほしい人がいないか相談し、いない場合は処分するように手配します。
状態が良く新しい物や、ブランドの衣類、高級家具などはリサイクルショップなどで買い取ってもらうことも可能です。金属類などの素材類は専門業者に依頼すれば買取、引き取りをしてもらえます。
遺品整理の一部もしくは大部分を業者に依頼しようと考えている方は業者に買取依頼をすると手間が省けるので検討しても良いでしょう
注意点として、賃貸住宅の備品を処分してしまわないように注意しましょう。
初めから賃貸物件に付属していた物もあるかと思いますので賃貸の場合は不動産会社に確認をした方が良いでしょう。
  • エアコン
  • 照明
  • ガスレンジ

遺品や使用できる不用品売る方法

遺品整理での片付けをしていると意外にも多くの売れるものが出てきます。
亡くなった方がコレクションしていたものや、家具家電などさまざま出てきます。
これらをさまざまな方法でお金に変えていけば片付けの費用を抑えていくことができます。

メルカリで売る

https://www.mercari.com/jp/
メルカリでは本当にいろんなものが出品されています。
月間の利用者は1,755万人いるとのことで累計の出品数は20億個もあるようです。
そのため自分では不要なものでも誰かにとっては必要なものなので価値のありそうなものは出品してみると意外なものも売れるかもしれません。

ヤフオクで売る

https://auctions.yahoo.co.jp/
メルカリの他にもヤフオクで売ることもできます。
ヤフオクの特徴としてはオークション形式なので出品者が相場を知らなくても金額が上がっていくので特に問題がありません。
また、オークションの終了時期も自分で決めることができるので早くどうにかしたいという要望にも答えることができます。
メルカリでは自分で値段を決めるため知識のない方には向いていませんがヤフオクは関係ないので稀に高額で落札されることもあるので夢がありますね。

福津市での遺品整理・遺品整理の方法やゴミの処分方法

 

福津市の特徴

福津市は、福岡県の北部の宗像地方に位置し、福岡市と北九州市の中間に位置しています。
福津市には以下のエリアが含まれます。
福津市の次に番地がくる場合、あけぼの、畦町、在自、内殿、大石、小竹、勝浦、上西郷、光陽台、光陽台南、桜川、舎利蔵、須多田、高平、中央、津丸、津屋崎、手光、手光南、西福間、奴山、花見が丘、花見が浜、花見の里、東福間、久末、日蒔野、福間駅東、福間南、星ケ丘、宮司、宮司ヶ丘、宮司浜、宮司元町、本木、八並、生家、有弥の里、若木台、渡
福岡市・北九州市という2つの政令指定都市の中間にあるという立地の良さと、鹿児島本線、国道3号が市内を通るという交通の便の良さにより、ベッドタウンとして発展してきた福津市。
東住宅地域として、さらには新鮮な食料品の生産供給地域として様々な役割をもった住みよい街です。

福津市の不用品回収ルール

福津市での不用品回収方法は以下の3つです。
  1. 地域分別収集(行政):家の近くの収集場所で、市から委託されている業者がごみを収集
  2. 自己搬入(行政):処理施設に直接持ち込んで引き取ってもらう方法
  3. 不用品回収業者(民間):ご自宅で不用品を回収してもらう
福津市で行っている地域分別収集とは、福津市が地域分別収集会場に必要なコンテナやフレコン袋等物品を会場に搬入し、地域の自治会が収集の時間や日程等を調整して行われるもので、主にリサイクル率の向上のために資源ごみを積極的に集めることを目的として作られた収集方法です。
地域分別収集における粗大ごみは「不燃粗大」と「可燃粗大」の2つに分けられます。
不燃粗大として出せるもの
  • 青コンテナに入らないサイズの金属混合物
  • 電気カーペット
  • 中身が空の消火器
  • ガソリンとオイルを抜き、バッテリーを外した状態の原付バイク(50cc)
可燃粗大として出せるもの
  • 福津市家庭用燃やすごみ袋(大)に入らないサイズの可燃物
  • 木材の場合、直径20cm、長さ1m以内のもの
  • ベニヤ板は、厚さ1.5cm・幅90cm・長さ1.8m以内の大きさのもの
  • カーペットや布団などは紐などで結んで出す
  • 家具類やベッド、ソファー類は壊さずに、そのままの状態で出す
  • ※福津市家庭用燃やすごみ袋(大)に入る大きさのものを幾つかまとめても、可燃粗大で出すことはできない
自分の住んでいる地域の自治会が不明な場合は、福津市役所のうみがめ課に問い合わせてください。
福津市役所 うみがめ課
電話番号
0940-62-5019
自己搬入で直接処理施設に持ち込む場合は、持ち込むものによって処理施設が変わってきます。
持ち込むごみは正確に分別してから持ち込んでください。
家庭から出た陶磁器などは福津市不燃物処理場に持ち込んで処分することができます。
福津市不燃物処理場で持ち込み処分を行うには、搬入する物の確認と許可書の発行が必要になるので、搬入する予定のごみと印鑑を持参して市役所うみがめ課へ行く必要があります。

八女郡も家電リサイクル法の対象となる製品は「粗大ゴミ」として出すことができません。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • パソコン
リサイクル法適用のものは簡単に処分できないので不用品リユースセンターのような処分業者に来するという方法もございます。

遺品整理を業者に頼むときに注意するべきこと

遺品整理は何度も経験することではないので、業者に頼むときの相場がわからないという方が多くいます。
悪徳業者は法外な値段を請求したり不法投棄を空くような業者もいますので注意が必要です。

悪徳業者に不用品回収を依頼するとどうなる?

遺品整理などで不用品回収を悪徳業者に依頼してしまうと下記のようなトラブルが起きてしまいます。
  • 不法投棄を助長してしまう
  • 不当な高額請求をされてしまう

不法投棄の助長(依頼者にも罰が…)

悪徳業者に遺品の回収を依頼してしまったっ場合、回収されたものを不法投棄されると依頼者にも罰が与えられる恐れがあります。
廃棄物処理法では、「一般廃棄物の運搬又は処分を一般廃棄物収集運搬業者・処分業者その他環境省令で定める者以外の者に委託したとき=5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又はこの併科」と決められています。
そのため相手が違法な業者と知らずに廃棄物の処分を依頼して不法投棄された場合、依頼者にも被害が及んでしまうことがあります。

高額請求され、断れない

悪徳業者のトラブルでは「無料で回収します」と言われ依頼したところ、トラックに不用品の積み込みが終わった後に「回収は無料だけど、運搬・処理費用はもらう」など、事前確認のないまま突然高額な請求を受けてしまう…というものが非常に多いです。
この場合、「費用がかかるなら回収しなくても良い」と答えた場合、荷下ろしにお金がかかりますなどと、別料金を請求されてしまう…なんてことになるのです。
また悪徳業者は毎度このようにしてお金を得ているので口もうまく高圧的に言いくるめてきますので気の弱い方はお金を払ってこの場がおさまるのであればと思い払う方も多いのが現状です。
悪徳業者に引っかからないように気をつけましょう。

遺品整理を検討している方は不用品リユースセンターへご連絡ください

今回紹介させていただいたように遺品整理は自分で行う場合と業者に依頼する場合があります。
遺品整理はそこまで頻繁にすることではないので「いくらぐらいかかるのか」など心配なこともあるかと思います。

見積もり無料

不用品リユースセンターでは見積もりを無料で行なっております。
業者の中には悪徳業者もおり、見積もりのあとで作業に取り掛かった際にあれやこれやと言いがかりをつけて料金があがる業者もいます。
不用品リユースセンターは数多くの実績があり、お客様に満足いただいております。
見積もりの料金から金額が変わることもありません。
また見積もりを行った上でその金額を親族と相談した上で、今回はお断りとなった際にも一切お金をいただくことはございません。
お客様がお願いをしたいと思っていただけた際にのみお仕事をさせていただきます。

買取もできます!!

不用品リユースセンターの強みは買取も同時に行うことができます。
遺品の中には価値のあるものがあることもありますが親族の中に知識がある方がいなければ全てガラクタに見えてしまいます。
そこを買取することによってかなりの金額を抑えることができます。

遺品の処理について

遺品整理とはご自身で作業を行うに至り、大半が家具や家電小物雑貨など大量な遺品物がある事が多く、一つ一つ必要な物と不必要な物の整理、不燃ゴミと可燃ゴミの分別を行わなくてはなりません。
市など行政処理では、ごみ収集日や持ち込み日時が定められており、ごみ出し日、持ち込み日の日時厳守となる上、処分できない物やごみ袋に入れてはいけない重さ、大きさなど細かな決まりがあります。
トラックを準備して片付け作業の大幅な時間と大きな出費が重なる遺品整理では結果、遺品整理業者へ依頼する料金と差ほど変わらない料金となることが多く見られるのが特徴です。
同じ時間と料金を遣うなら業者へ依頼するのが賢い方法の一つかもしれません。
不用品リユースセンターでは、そのようなお客様のお悩み、時間、大切な遺品お荷物、遺品の形見、お品物を丁寧に分別仕分けして不要品、必要品を適切処理を行います。
まずはお電話やメール、LINEにてお問い合わせください。

お役立ちコラムTOP
うきは市での遺品整理・遺品整理…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
北九州市の遺品整理・遺品整理の…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
大牟田市での遺品整理・遺品整理…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
小郡市での遺品整理・遺品整理の…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
佐賀 引っ越しに伴うゴミ回収-…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、佐賀県の家具などの粗大ゴミの、お話をさせていただきます。 佐賀県では、市の委...

お役立ちコラムTOP
宇部市での遺品整理・遺品整理の…

宇部市で遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。...

遠方対応も可能です!

回収対応エリア