不用品リユースセンター

大型家具を簡単に処分・捨て方|大型家具をおトクに処分する

引っ越しや部屋の模様替え、子供の成長にあわせて家具の買い替えなど、大型家具を処分する時期がありますね。でも、大型家具の処分は大変そうだし、処分方法もわからず困った経験はありませんか?大型家具の処分には、時間・手間・お金がかかります。
そこで今回は、大型家具の処分方法を7つご紹介いたします
大型家具は何を重視するかで処分方法が異なります。
あなたの状況と照らし合わせて、ご紹介する方法を参考にしてみてくださいね。
  1. 大型家具の処分はとても大変
  2. 大型家具の処分方法を解説
  3. 大型家具の処分は不用品リユースセンターにお任せください
  4. 大型家具の回収事例
  5. まとめ

大型家具の処分はとても大変

ベットやマットレス、タンスに本棚など、大型家具はその名の通り大きい家具を指します。
大型家具の処分で困ることは「処分方法」「時間・手間がかかる」「料金」ですね。

<処分方法>

大型家具は処分方法が一つではありません。粗大ゴミなのか、リサイクルできるのか、買取できるのかなど選択肢もいくつかあるので迷いますね。

<時間・手間がかかる>

大型家具の処分には時間と手間がかかります。粗大ゴミとして処分すると、申し込みから1~2週間程時間がかかります。また、家の外まで運び出す手間やゴミ処理券を購入する手間もかかりますよ。特に運び出す作業は力仕事なので、複数人の力が必要になります。

<料金>

大型家具を粗大ゴミとして処分する場合、一個当たりの単価は決して高額ではありません。しかし一回の処分に出せる点数が決まっている場合も多く、複数回に分けて処分に出さなければなりません。回数を分けて処分に出していると、割高になっている可能性もありますよ。
大型家具の処分は「時間」「手間」「料金」と何を重視するかで処分方法も異なります。大型家具の処分を考えているなら、何を重視するのか決めてから選ぶといいですよ。

大型家具の処分方法を解説

では、実際に大型家具の処分方法を見ていきましょう。ここでは、7通りの処分方法をご紹介しますよ。

<自治体に依頼して処分する>

自治体に依頼して処分する場合、「粗大ゴミ」「大型ゴミ」「引っ越しゴミ」とあります。自治体によって呼び方や内容が異なりますので、HPや電話で問い合わせして処分方法を確認してから捨てるようにしましょう。

粗大ゴミの場合

粗大ゴミは指定のゴミ袋に入らないサイズのゴミを指します。処分方法は以下の通りです。
①粗大ゴミ受付センターに申し込む
②料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
③予約した指定日時に収集場所まで持って行く
粗大ゴミの場合、処分費用は数百円~数千円程かかります。
自分達で持ち運びができない場合は、有料の持ち出しサービスもあります。また、人力で持ち出せない・玄関口から出せないものは、粗大ゴミとして処分がきない場合が多いです。
家の中から運び出すのが困難な場合は、他の方法を探しましょう。

大型ゴミの場合

地域によっては粗大ゴミではなく、大型ゴミとして処分することもあります。大型ゴミの場合は有料の個別収集となります。玄関や庭先に出しておけばいいので、持ち運ぶ距離が少なくて済むのは嬉しいですね。
①大型ゴミ収集センターに申し込む
②料金分の大型ゴミ処理券を購入する
③予約した指定日時に玄関や庭先に出しておく
処分費用は粗大ゴミと同じで数百円~数千円程かかります。
一回に出せる数量が決まっていることもあるので注意してください。大型ゴミの場合、リサイクル収集をしている自治体も多いです。主に木製家具や自転車、ベビーカーなどまだ使えるものは壊さずに再利用されます。大型ゴミ収集センターに予約する際に、リサイクル収集と申し込めばOKです。処分にかかる手数料は大型ゴミと同額ですが、廃棄物削減のためにもリサイクル収集は大切ですね。

引越しゴミの場合

引越しで大量にゴミが出る場合、引越しゴミとして処分することもできます。
①粗大ゴミセンターに申し込む
②収集前に認定員が訪問し、ゴミの量を算定する
③手数料を徴収する
④予約した指定日時に収集にくる
引越しゴミはゴミの量によって費用が変わりますが、だいたい2,000円~処分費用がかかります。
引越しゴミ場合、持ち出しサービスは利用できません。自分達で玄関口や庭先までゴミを運び出します。また、ゴミの手数料は地域によって異なりますので、気になる場合は自治体に確認してください。

<大型家具の購入時に引き取ってもらう>

新しく大型家具を購入する際に、引き取りサービスで古い家具を処分してもうらことができます。
新しい家具の設置と同時に回収してもらえるので大変便利ですね。大手や有名なインテリアメーカーでは引き取りサービスを実施している場合が多いですよ。
・大塚家具
・東京インテリア
・無印良品
・ニトリ
・ベルメゾンネット
注意点は、購入した家具と同等・同数であることが条件です。また、不要な家具の引き取りサービスも無料・有料とあります。店舗によって対応が違いますので事前に確認をしておきましょね。

<ネットオークションに出品する>

大型家具の状態が良ければネットオークションに出品して処分する方法もあります。
人気のメーカーであったり、希少な家具の場合は高値で売れることもありますよ。
メリットは処分せず売れる点です。価格も自分で設定できるので、好きな価格で売却できますよ。
デメリットは、出品作業など手間がかかる点です。落札されても梱包や配送手配とすることも多いです。また、すぐに売れる訳でもありません。引っ越しなど期限がある場合は、あまりおすすめの方法ではありませんね。

<買取・リサイクルショップに依頼する>

こちらも大型家具の状態が良ければ、買取業者やリサイクルショップに買い取り依頼をすることもできます。大型家具の場合、直接お店に持って行くことは難しいので、出張買取や出張査定をお願いするといいですよ。有名ブランドや人気商品、購入して年月が経っていない家具は比較的高値で買い取ってもらえます。
反対に値段が付かないこともあります。家具の状頼が悪かったり、製造年数が経っている場合は買取不可になります。その場合は他の処分方法を考えるか、回収費用を払えば引き取ってくれることもあります。相談や見積もりは無料で行っている店舗が多いので、複数のお店に相談するといいですよ。

<引越し業者に依頼する>

引越しをする際に、不要な家具の引き取りや買取を引越し業者に依頼することもできます。
引越し当日まで家具を使用できるのは嬉しいですよね。また、粗大ゴミのように自分達で家具を運び出さなくていいのも助かります。以下の引越し業者では、引き取りや買取サービスを実施していますよ。
・クロネコヤマト
・日本通運
・アップル引越センター
・サカイ引越センター
・アリさんマークの引越し社
引き取りや買取サービスの条件は引越し業者によって違います。有料なのか無料なのかなど見積もり依頼をする際にきちんと確認をしておきましょう。引越しで大型家具を処分する場合は、引越し業者に依頼した方が手間がかからず便利ですね。

<自分で解体して処分する>

木製の家具であったり古い家具の場合、自分で解体して処分することもできます。大型家具も解体して細かくすれば可燃・不燃ゴミとして出せるので処分費用がかかりません。ただし、解体には時間と労力がかかります。家具を解体するだけでも1~2日かかることが多いです。場所も取りますし、工具類も必要になります。怪我をするリスクもあるので、解体作業に慣れていない場合はおすすめしません。

可燃ゴミに出せるもの

大型家具を解体した場合、木製部分・ソファやイスの生地などは、細かく刻んだり大きさを揃えたりすれば可燃ゴミとして処分ができます。大型家具は木製の場合が多いので、のこぎりや電動工具でカットすれば、可燃ゴミでの処分が可能です。

不燃ゴミに出せるもの

ベットやソファの金具や鉄製フレーム、キャスター部分は不燃ゴミとして処分ができます。ただし、鉄製のフレームなどはのこぎりでカットするのは難く、特殊な工具が必要になります。

<不用品回収業者に依頼する>

不用品回収業者に依頼して大型家具を処分する方法もあります。不用品回収業者なら、即日対応や24時間対応している業者も多いので、忙しい人や時間がない人におすすめです。
不用品回収なので、大型家具以外の不要な家具や家電も一緒に回収してもらえます。まとめて回収してもらえるので、手間がかからず便利です。家具の運び出しもスタッフの方がしてくれるので、自分達でする必要がありません。
不用品回収業者では買取サービスを実施している店舗もあります。処分費用から買取金額を値引きしてくれることもありますよ。処分する家具を買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
ご紹介した処分方法の中では時間も手間もかからず、買取サービスもあるので、一番お得な処分方法と言えますね。
処分する家具が多かったり、捨て方がわからず困っている場合は不用品回収業者に相談してみといいですよ。

悪徳の不用品回収業者に注意

不用品業者の中には「無料回収」や非常に安い価格で回収を宣伝している業者がいます。悪徳業者の場合、回収した家具を不法投棄することもあります。不法投棄は法律違反であり、発覚した場合、利用者も罪に問われる可能性があります。
また、不用品回収にはさまざまな資格や免許が必要になりますが、無許可や無免許で回収作業をしている業者もいます。悪徳業者に依頼してしまうと、回収後にトラブルに発展する事例もあるので注意が必要です。不用品回収業者に依頼する際は、安心安全で信頼できる業者に依頼をするようにしましょう。

大型家具の処分は不用品リユースセンターにお任せください

手間や時間をかけずお得に大型家具を処分したいなら、安心・安全で多くのお客様に信頼されている不用品リユースセンターにお任せください。電話やLINE、ホームページからご連絡いただければ即日対応でお伺いいたします。24時間365日、土日祝日や早朝・夜間でもお客様のご都合に合わせて回収に伺います。
不用品リユースセンターでは買取サービスも実施しております。不用品リユースセンターはプロがしっかりと査定し、適正価格で買い取らせていただきます。売れるかわからないものでも何でもご相談くだされば、しっかりと査定いたします。
大型家具以外にも処分したいものがあれば、まとめて回収いたしますよ。多くのゴミが出ても、お得な定額パックなどさまざまなプランをご用意しております。お客様に一番最適なプランをご案内させていただきますので、ご安心ください。
不用品リユースセンターは多くのお客様から支持されております。大型家具など不用品の処分でお困りなら、まずはお気軽にご相談くださいね。

大型家具の回収事例

主な回収品目婚礼タンス
作業時間15分
作業エリア 福岡県太宰府市
使わなくなった婚礼タンスの回収依頼があり、ご自宅まで伺いました。お客様の希望により早朝の回収でしたが、ご近所迷惑にならないよう慎重かつスピーディーに作業いたしました。早朝作業の対応に対して、感謝のお言葉をいただきました。

まとめ

大型家具の処分方法についてご紹介いたしました。大型家具の処分は時間も手間もお金もかかります。どれを重視するかによって、処分方法も変わります。
不用品回収の不用品リユースセンターなら即日対応で大型家具の回収が可能です。24時間365日いつでも対応いたします。搬出作業もスタッフが行いますので、お客様の手間は取らせません。回収費用もさまざまなプランをご用意しておりますので、お客様のご依頼内容に最適なプランンをご提案いたします。
大型家具以外の家具・家電も回収いたします。ほとんどの不用品が回収できますので、まずは不用品リユースセンターまでお気軽にご相談くださいね。
お役立ちコラムTOP
マットレスの簡単な処分方法を紹…

引っ越しや買い替えでの処分が困るものが多くあるかと思います。 洗濯機や冷蔵庫は処分が難しいと多くの方に聞きますがマットレスの処分がで...

お役立ちコラムTOP
伊万里市での遺品整理・遺品整理…

  伊万里市で遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと...

お役立ちコラムTOP
遺品整理や家電処分、家具回収の…

ご依頼のお客様方、いつもお世話になっています。 不用品リユースセンターです。 気になる料金相場について簡単ではありますが、ご説明を行...

お役立ちコラムTOP
「段ボールを簡単に処分・捨て方…

最近はネット通販が主流になり、各家庭での段ボールゴミが増えています。 段ボールは紙だから燃えるゴミだと思いがちですが、実は資源ゴミな...

お役立ちコラムTOP
鹿児島市での遺品整理・遺品整理…

鹿児島市で遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです...

お役立ちコラムTOP
簡単な冷蔵庫の処分方法

「冷蔵庫の不用品回収」 引っ越しや買い替えで冷蔵庫を処分する時、粗大ゴミで処分しようとしていませんか? 実は家電リサイクル法という法...

遠方対応も可能です!

回収対応エリア