不用品リユースセンター

【大型家電の処分方法6選】家電リサイクル法や処分費用を詳しく解説!

大型家電は一人で持ち運びが難しく、処分するにも人出が必要です。
そもそも、どうやって処分したらいいのかわからず困っている人もいると思います。
実は、大型家電と呼ばれる「テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコン」は粗大ゴミではありません。
家電リサイクル法という法律に則って処分しなければならないのです。
そこで今回は大型家電の処分方法と費用について解説していきます。
「お得に処分したい。」「手間をかけずに早く処分したい。」と考え方は人によって違います。
時間・手間・料金の何を重視するのかによって方法も変わりますので、ご自身の状況と照らし合わせながら最適な方法を見つけてくださいね。
  1. 大型家電を処分する前に
  2. 大型家電の処分費用とは
  3. 大型家電の処分方法をご紹介
  4. 大型家電の処分は不用品リユースセンターにお任せください
  5. まとめ

大型家電を処分する前に

大型家電を処分する=捨てるとイメージしますよね。
でも、まだ使える家電を処分するのは勿体ないと思いませんか?
まだ使える家電ならリサイクルや買取に出すことで、無料で処分できたりお金に換えたりすることもできます。家電を捨てる前に、一度再利用も検討してみましょう。

再利用できるもの

再利用が可能なものの目安は以下の通りです。
・まだ使用できる状態のもの
・破損や汚れなどが少なく美品である
・製造年月が10年以上経っていないもの

再利用ができないもの

中には再利用ができないものもあります。この場合は素直に処分しましょう。
・使用不可の状態である
・大きな破損や汚れがある
・製造年月が10年以上経過している

大型家電の処分費用とは

家電リサイクル法の対象製品を処分するには「リサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかります。
そのため、通常の粗大ゴミとして処分をするより費用がかかってしまいます。

家電リサイクル法

そもそも、家電リサイクル法とは一体なんのことか知らない人もいるかと思います。
家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)とは、一般家庭などから出る要らない家電製品を再利用して、廃棄物の量を減らす法律です。
家電リサイクル法の対象製品は以下の4品目です。
  • テレビ
  • 洗濯機、衣類乾燥機
  • 冷蔵庫、冷凍庫
  • エアコン
家電リサイクル法の対象製品は粗大ゴミとして処分ができないので、クリーンセンターに持ち込むことも禁止されています。ただし、上記以外の家電製品は不燃ゴミや粗大ゴミとして処分が可能ですよ。

リサイクル料金とは

リサイクル工場に運ばれた製品は、鉄やプラスチックなど素材ごとに分類されます。工場に運ばれてから分類・再利用するまでには大きなコストがかかります。そのコストを負担するために設けられたのが、リサイクル料金です。
リサイクル料金は各メーカーが設定しているので、製造業者ごとで違います。
以下は、主なメーカーのリサイクル料金です。
<テレビ>
ブラウン管(15型以下)     1,320円~
ブラウン管(16型以上)     2,420円~
液晶・プラズマ(15型以下)   1,870円~
液晶・プラズマ(16型以上)   2,970円~
<洗濯機・衣類乾燥機>      2,530円~
<冷蔵庫・冷凍庫>
・170L以下           3,740円~
・170L以上                        4,730円~
<エアコン>           990円~
お使いのメーカーによっては上記の金額よりかかることもあります。
大型家電のリサイクル料金を詳しく知りたい場合は、「一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター」のサイトをご確認ください。

収集運搬料金とは

収集運搬料金とは、大型家電をリサイクル工場まで運搬する際にかかる費用のことです。
使わない家電製品は指定引取場所で保管された後、リサイクル工場に運ばれます。このうち、一般家庭などから指定引取場所までに必要な運搬料金を負担することになっています。
収集運搬料金は小売業者ごとで異なります。主に家電量販店が定めているので、実際の料金については各家電量販店にお問い合わせください。

大型家電の処分方法をご紹介

では、実際に大型家電を処分する方法を見ていきましょう。
ここでは6通りの処分方法をご紹介します。あなたの条件に合う最適な方法を探してみてくださいね。

<指定引取所に直接持って行く>

大型家電は、最寄りのリサイクル家電収集所に直接持ち込んで処分することができます。最寄りの指定引取所は、家電製品協会の「指定引取所検索」で検索できますよ。
手順は、まず郵便局で料金を支払い、家電リサイクル券を受け取ります。その後、家電リサイクル券と処分する家電製品を持って行けば処分をしてくれます。
自分で直接持ち込むので、収集運搬料金はかかりません。費用を少しでも抑えたい人にはおすすめです。
ただし、大型家電を自分で持ち運びしなければならないので、事故や怪我の恐れもあります。大型家電の場合は、車をレンタルする必要も出てきます。
また人手も要るため、人数が足りない場合は無理せず他の方法を探しましょう。

<新しく大型家電を購入する家電量販店に依頼する>

新しく大型家電を購入するタイミングで古い大型家電の処分を依頼します。
新しい大型家電と同時に引き取ってもらえるので、自分で運び出す手間がかからず便利です。
ただし、古い大型家電の回収は無料ではありません。処分費用として、リサイクル料金と収集運搬料金を家電量販店に支払います。リサイクル料金はメーカーごとなので差はありませんが、収集運搬料金は各小売業者ごとで違います。新しく大型家電の購入を検討しているなら、回収費用も事前に調べておくといいですね。

<購入した店舗に回収依頼をする>

大型家電を購入した家電量販店に連絡すると回収・処分をしてくれます。家電量販店などは家電リサイクル法により、過去に販売した対象製品を回収する義務があります。
作業自体は業者の方が回収してくれるので、自分で運び出す必要がありません。ただし、回収費用としてリサイクル料金と収集運搬料金を支払います。

<リサイクルショップを利用する>

大型家電の状態が良ければ、リサイクルショップや買取業者に買取を依頼して処分することもできます。買取の場合は、現金が貰えるうえに処分費用であるリサイクル料金と収集運搬料金はかかりません。直接お店に持ち込むこともできますが、大型家電は運ぶのが大変なので出張査定を依頼するといいですよ。ただし、必ず買取が成立するわけではありません。製造年月が経っているものや汚れや破損があるもの、人気のメーカーでなければ買取は難しいです。
処分をするのに時間がかかっても平気な人には向いていますが、急いで処分したい人には向いていませんね。

<ネットオークション・フリマサイトを利用する>

こちらも大型家電の状態が良ければ、ネットオークションやフリマサイトで売買して処分することができます。買い手がついた場合は、大型家電の処分ではないのでリサイクル料金と収集運搬料金はかかりません。ネットオークションやフリマサイトは自分で売値を設定できるので、買取業者よりも高値で売ることも可能です。ただし、こちらも必ず売れる訳ではありません。買い手がつかなければ処分ができないので、他の方法を探さなければなりません。また、出品には登録手続きや梱包・配送手配といろいろ手間がかかります。場合によっては、配送費用に方が高く付くこともあります。
時間がない人や手間をかけたくない人には、おすすめの方法ではありませんね。

<不用品回収業者に依頼する>

不用品回収業者に依頼して処分する方法もあります。不用品回収業者ならすぐに対応してもらえるので、最短で当日処分も可能です。自宅まで回収にきて、作業もスタッフが行うので手間がかかりません。ただし、回収には費用がかかります。金額は各業者によって異なりますが、定額パックなどお得なプランも多いので相談するといいですね。不用品回収業者なら大型家電以外の不用品も一緒に回収してくれるので便利です。
時間がない人や手間をかけたくない人はもちろん、お得に処分したい人にもおすすめの方法といえるでしょう。

悪徳不用品回収業者には注意してください

不用品回収業者は即日対応してくれるので、とても便利です。しかし中には違法の不用品回収業者もいます。特に無料回収を宣伝している業者には注意が必要でしょう。
家電製品の処分には「一般廃棄物処理業の許可」がなければできません。しかし、無許可のまま回収・処分をする業者も存在します。悪徳業者だと大型家電の不法投棄や回収後に高額請求をしてくるケースもあります。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、信頼できる不用品回収業者に依頼をするようにしましょう。

大型家電の処分は不用品リユースセンターにお任せください

大型家電の処分には時間と手間とお金がかかります。
しかし、不用品リユースセンターなら即日対応、最短当日でご自宅まで伺います。24時間365日、土日祝日や年末年始も関係なく対応いたしますので、忙しい人にもピッタリです。
また、早朝・夜間の回収とお客様のご要望には柔軟に対応いたしますので、遠慮なくお申し付けください。
不用品の回収作業は全てスタッフが行いますので、ご安心ください。お客様のお手間は取らせることはありません。
また、不用品リユースセンターでは買取サービスも行っております。プロがしっかりと査定して買い取らせていただきます。大型家電以外の不用品も回収や買取をいたしますので、回収費用を安くすることも可能でございます。
お得な定額パックなどもご用意しておりますので、お客様の状況と照らし合わせながら最適なプランをご提案いたします。
不用品リユースセンターは多くのお客様からご支持をいただいております。大型家電やその他不用品の処分でお困りなら、不用品リユースセンターまでお気軽にご相談くださいね。

大型家具の回収事例

主な回収品目大型冷蔵庫
作業時間15分
作業エリア 福岡県福岡市博多区
使わなくなった大型冷蔵庫回収依頼があり、ご自宅まで伺いました。
大型の冷蔵庫は100kgくらいあるものも多く処分に困っている方が多くいます。
素早く回収してくれてとても助かったという声をいただきました。

 まとめ

大型家電の処分方法についてご紹介いたしました。
大型家電は重いので一人で処分するのは難しいです。できれば簡単で手間をかけずに処分がしたいですよね。また、処分するまでに時間もかけたくはありません。
不用品リユースセンターなら回収作業は全てスタッフが行います。大型家電であっても問題ありません。ご連絡をいただければ、最短で当日中にご自宅まで伺うことも可能です。
また、不用品リユースセンターは買取も行っているので、回収予定の不用品も買い取らせていただきます。
不用品リユースセンターなら大型家電の処分も、時間と手間をかけず、お得に処分することができます。
大型家電の処分でお悩みなら、まずは不用品リユースセンターまでご相談ください。
お役立ちコラムTOP
鹿児島のゴミ屋敷整理業者 不用…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、ゴミ屋敷の整理についてお話します。 ゴミ屋敷は処分する量が多くて自分では難し...

お役立ちコラムTOP
福岡-博多の引っ越しに伴う家具…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、博多での引っ越しゴミの処分についてお話します。 引越しをすると家具や家電の買...

お役立ちコラムTOP
北九州市の遺品整理・遺品整理の…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
「段ボールを簡単に処分・捨て方…

最近はネット通販が主流になり、各家庭での段ボールゴミが増えています。 段ボールは紙だから燃えるゴミだと思いがちですが、実は資源ゴミな...

お役立ちコラムTOP
【福岡】洗濯機の簡単な処分方法…

ベランダに置いたままで古く故障してしまった。 引っ越しをするため今まで使っていた洗濯機を処分したい。 そんな方に福岡市での洗濯機の処...

お役立ちコラムTOP
佐賀県嬉野市で遺品整理、家電回…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、佐賀県嬉野市での遺品整理や生前整理について紹介します。 遺品整理や生前整理は...

遠方対応も可能です!

回収対応エリア