不用品リユースセンター

「ソファは無料で処分できる?簡単お手軽に処分する方法とは」

ソファは一人でくつろいだり、家族団らんに欠かせない家具ですね。
でも、ソファは大きく軽い物ではないので、一人で運ぶのは困難です。
そのため、処分に困っている人も多いはず。
処分方法もいくつかあるので、迷っている人もいると思います。
そこで今回は、ソファを簡単でお得に処分する方法をご紹介いたします。
不用品を処分するのに、お金や時間はかけたくはないですよね。できれば、素早く簡単に処分したいものです。
処分方法と一緒にメリット・デメリットも併せて解説していきますので、あなたに最適でお得な処分方法を一緒に見つけましょう。
  1. ソファを処分する時期・目安とは?
  2. ソファをお得に処分する方法
  3. ソファの処分は不用品リユースセンターにおまかせ
  4. ソファの回収事例
  5. まとめ

◆ソファを処分する時期・目安とは?

ソファは長く使える家具ですが、何十年と使い続けるのは難しいです。
一般的にソファの寿命は5年~10年といわれています。
また、生地の汚れや破損、座り心地などによっても買い替えた方がいい場合もあります。
不具合や座り心地の悪いソファは体の不調にもつながりますので、買い替えの時期や目安は覚えておきましょう。

ソファの処分・買い替えのタイミング

ソファの処分や買い替えをするタイミングとは、どんな時でしょうか?
これから紹介する症状や状態であれば、処分や買い替えを検討した方がいいですよ。

<生活環境の変化>

ソファを買い替えたり、処分するタイミングとして一番多いのが生活環境の変化です。
引っ越しや部屋の模様替えで、使っていたソファを処分する人は多いですね。
新しいものに買い替えることで心機一転し、不用品の処分もしやすくなります。

<生地の汚れや破損が目立つ>

ソファは使い続けていると、生地に付着した汚れや破損が目立ってきます。また、生地にニオイがついて取れなくなることもありますね。
カバーを洗濯できるタイプもありますが、中々ニオイは消えません。
汚れやニオイはストレスにもなるので、処分や買い替えを検討した方がいいでしょう。

<座り心地が悪い>

ソファのクッションも長く座っているとへたり込んでしまい、座り心地が悪くなります。
座り心地の悪いソファでは、腰痛や体の不調につながることもあります。
また、スプリングの不具合でギシギシと音が鳴る場合もあります。
この場合は、なるべく早く処分や買い替えをおすすめします。
ソファは長く使いたい家具ですが消耗品でもあるので、適切なタイミングで処分・買い替えをしましょう。

◆ソファをお得に処分する方法

実際にソファを処分する場合、どのような方法があるでしょうか?
ここでは8つの処分方法をご紹介いていきます。
それぞれメリット・デメリットがありますので、あなたの状況に合う最適な方法を選択してくださいね。

<自治体の粗大ゴミ回収で処分する>

ソファを処分する時にまず思いつくのが、自治体に粗大ゴミとして回収してもうら方法ではないでしょうか。各自治体によってルールは異なりますが、粗大ゴミの申し込みをしてから所定の回収場所に出しておけば、作業員が回収・処分してくれます。
  1. 各自治体の粗大ゴミセンターへ申し込みをする
  2. 回収日時・場所・金額を確認する
  3. 回収金額分の処理券をスーパーやコンビニで購入し、ソファの目立つ場所に添付する
  4. 回収日までにソファを所定の回収場所まで搬出する
  5. 各自治体の作業員がソファを回収・処分
自治体の粗大ゴミとして処分するメリットは、費用が安いという点です。ソファのサイズや自治体ごとに料金設定は違いますが、数百円~3,000円弱くらいで処分できます。
デメリットとしては、粗大ごみの処理券を購入する手間とソファを所定の回収場所まで自分で搬出しなければならない点です。有料で搬出作業を行っている自治体もありますが、基本的には搬出作業は自分たちで行います。そのため、搬出経路によっては困難な場合もあります。自分たちでの搬出が難しいなら、他の方法を考えたほうがいいですね。

<自治体のゴミ処理施設へ持ち込んで処分する>

地域のゴミ処理施設まで直接ソファを持ち込んで、処分してもうら方法もあります。
処理施設に直接料金を払う場合と、処理券を事前に購入しておく場合がありますが、費用が安く済む点がメリットです。
デメリットは、自分たちで直接持ち込むため、搬出から積み下ろしまで全てやらなければなりません。力作業な上に、ソファのサイズによっては車をレンタルする必要もあるため、おすすめの方法ではありません。
また、一般の粗大ゴミ持ち込みを受け付けていない場合もありますので、事前に確認しておくといいですね。

<ソファの買い替え店舗に回収・処分してもらう>

新しくソファを買い替える店舗で、古いソファを回収・処分してもらう方法です。
メリットとしては、ソファを店舗で回収してくれるので手間がかからない点です。
デメリットは、回収が無料ではないため費用が発生する点です。ほとんどの家具メーカーでは、購入したソファと同種・同数量であれば古いソファを回収してくれます。
金額も3,000円前後なので、ソファを新しく買い替える場合は店舗に回収してもらう方法がいいですね。

<リサイクルショップに買い取りを依頼する>

リサイクルショップに依頼をして、ソファの買取をしてもう方法です。
メリットとしては、ソファを買い取ってもらうので処分費用がかからない点です。買取方法は直接ショップに行くか、電話などで出張買取を依頼します。手間もかからず、買取になれば、搬出作業もしてもらえるので便利です。また、現金が手に入るのでお得に処分ができます。
デメリットとしては、必ず買取をしてもらえる訳ではない点です。ソファの状態によっては買取不可もあります。
・生地の汚れ・破損が目立つ
・日焼けや色あせがある
・大きいサイズのため搬出が困難
このような状態のソファだと買取が難しいです。その場合は、他の方法を検討しなくてはなりません。買取を依頼する際は、事前に画像を送付して確認してもうらうといいですよ。

<フリマサイトやネットオークションを利用して処分する>

フリマサイトやネットオークションに出品して、処分する方法です。
メリットとしては、ソファが売却されれば処分費用がかからず現金が手に入ります。
デメリットとしては、売却されるまでに時間がかかったり、売れなかったりすることもあります。また、出品するための準備があるので手間がかかります。ソファが売れたとしても、搬出や梱包・発送作業もあるので、あまりおすすめの方法ではありません。

<リユースサービスを利用して処分する>

リユースとは再利用のことであり、自治体によってはまだ使える家具類をリユースする活動をしています。自治体に連絡をすると、リユースを行っている施設を紹介してくれます。
メリットは、ソファを粗大ゴミとして処分する訳ではないので、処分費用がかかりません。
デメリットとしては、リユースを行っている施設まで自分たちで持ち込みをしなければなりません。家まで取りに来てもらうこともできますが、その場合手数料がかかります。
自分たちで搬出して、直接ゴミ処理施設まで持ち込むなら、リユースサービスを利用した方がお得です。気になった方は、お住いの自治体HPや電話で問い合わせをしてみてくださいね。

<自分でソファを解体・処分する>

自分でソファを解体し、可燃・不燃ゴミとして処分する方法です。
メリットは、処分費用がかからない点です。通常の可燃・不燃ゴミとして処分するので無料で処分ができます。
デメリットは、非常に手間がかかる点です。自分で解体作業を行うので時間がかかり、解体作業のための工具類も必要になります。
■ソファを解体する手順
①クッション部分をは外す
②脚を外し、カバーを剥ぎ取る
③スポンジ部分を全て取る
④木製のフレームを解体する

可燃ゴミに出せるもの

ソファを解体した場合、ソファの生地やクッション、スポンジは細かく切り刻んで可燃ゴミとして処分ができます。ソファのフレームも木製の場合が多いので、のこぎりなどでカットして可燃ゴミで処分が可能です。

不燃ゴミに出せるもの

鉄製のスプリング部分や金具やネジは、各自治体の指定ゴミ袋に入るサイズなら不燃ゴミとして処分ができます。フレーム部分が鉄製の場合はカットする必要がありますが、特殊な工具がないと難しいです。
自分で解体すれば処分費用はかかりませんが、非常に時間と手間がかかります。解体作業だけでも1~2日はかかりますし、各部分を細かくカットする作業も大変です。怪我や事故を起こす可能性もありますので、おすすめできません。

<不用品回収業者に依頼して処分する>

不用品回収業者に依頼してソファを処分する方法です。
電話やLINE、ホームページから簡単に問い合わせができて、自宅まで回収に来てくれるので手間がかからず便利です。
メリットとしては、手間がかからずソファを処分できる点です。しかも、買取サービスを行っていることもあるので、処分予定のソファを買い取ってもらうことも可能です。ソファの処分ができて、現金も手に入るのでお得な処分方法といえます。
デメリットとしては、回収料金がかかります。各自治体の粗大ゴミ処理費用より少し高い場合が多いです。しかし、買取サービスもあり、自宅まで回収に来てくれるので手間がかからず楽です。ご紹介した方法の中では、一番簡単でお得な処分方法といえるでしょう。
ほとんどの不用品回収業者は無料で事前見積もりをしてくれるので、買取や回収料金について確認をしておくといいですよ。

ソファの処分は悪徳業者に注意しましょう

不用品回収業者への依頼は手間がかからず便利ですが、中には悪徳業者も存在します。
無許可で回収・処分をする業者もいるので気を付けなければいけません。悪徳業者だと、ソファを不法投棄したり、回収後に高額な回収料金の請求をされたりします。
このようなトラブルに巻き込まれないためにも、信頼できる不用品回収業者に依頼するようにしましょう。

◆ソファの処分は不用品リユースセンターにおまかせ

手間をかけずにお得にソファを処分したいなら、安心でお客様に指示されている不用品リユースセンターにおまかせください。電話やLINE、ホームページからお気軽にご連絡いただければ、即日対応でご自宅までお伺いいたします。24時間365日、土日祝日・年末年始・早朝や夜間でも関係なく回収可能です。また、お客様のご都合に合わせて柔軟に対応いたしますので、遠慮なく申し付けください。
不用品リユースセンターは査定のプロがしっかりと適正価格で買い取らせていただきます。
また、ソファ以外にも処分したい不用品があれば、まとめて回収もできます。引っ越しや大掃除で不用な家具・家電、その他のゴミが多く出ても、お得な定額パックをご案内させていただきますのでご安心ください。
不用品リユースセンターは安心安全で、多くのお客様から支持されております。まずは、こちらから不用品回収プランをご確認くださいね。

◆ソファの回収事例

主な回収品目ソファ、テーブル
作業時間15分
ご利用エリア福岡県八女市周辺
引っ越しに伴い不用になったソファと椅子、ダイニングテーブルの回収に伺いました。お客様のご希望で早い時間帯でしたが、迅速かつ丁寧な搬出作業をし、ご満足いただきました。

まとめ

ソファの処分についての方法をご紹介いたしました。
それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、ご自身の状況と照らし合わせて最適な方法を選択してくださいね。
ソファはサイズも大きく重いので、自分で処分するとなると非常に大変です。事故や怪我の心配もあるので、できれば自分で作業せず、簡単でお得に処分したいですね。
不用品リユースセンターなら、ご連絡いただければすぐにご自宅までお伺いし、ソファの買取・回収を行います。搬出作業もすべてスタッフが行いますので、お客様の手間は取らせません。
ソファ以外にも家具・家電、その他の不用品はほとんどが回収できますので、まずは不用品リユースセンターまでお気軽にご相談ください。
お役立ちコラムTOP
春日市での遺品整理・遺品整理の…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
福岡市中央区での遺品整理・遺品…

遺品整理を行う際の流れ 遺品整理をする時にに気をつけなければならないことは、遺品整理のスケジュールをきちんと決めることです。 一人で...

お役立ちコラムTOP
洗濯機を手間なくお得に処分する…

洗濯機は粗大ゴミとして処分できないのをご存じですか? つい粗大ゴミだと思ってしまいますが、実は違うのですよ。 洗濯機は家電リサイクル...

お役立ちコラムTOP
福岡-博多の引っ越しに伴う家具…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、博多での引っ越しゴミの処分についてお話します。 引越しをすると家具や家電の買...

お役立ちコラムTOP
長崎県 長崎市で遺品整理・生前…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、長崎県長崎市での遺品整理やゴミ屋敷について紹介します。 遺品整理や生前整理は...

お役立ちコラムTOP
鹿児島 南さつま市 粗大ごみ…

お世話になります。不用品リユースセンターです。 今回は、鹿児島県南さつま市の粗大ゴミの回収についてお話します。 南さつま市では、市の...

遠方対応も可能です!

回収対応エリア